四季の中で花粉症の季節といえば、多くの人が春をイメージすると思います。しかし、花粉が飛散している季節は春だけではありません。花粉症対策を春にだけするのではなく、他の季節の花粉にも注目して対策を行ってみましょう。

  • ホーム
  • 花粉症のせいで病院に行くときは何科へ行く?

花粉症のせいで病院に行くときは何科へ行く?

花粉症の症状がでた場合、耳鼻科・耳鼻咽頭科、内科、眼科のいずれかを受診するとよいでしょう。
花粉症は、その人ごとに症状が現れる部位や症状の重さが異なるため、どの病院を受診すべきなのかは、患者ごとに異なります。

例えば、鼻水や鼻づまりの症状で困っている人は、耳鼻科または耳鼻咽頭科を受診するとよいでしょう。
耳鼻科や耳鼻咽頭科では、点鼻薬の処方や吸入器、ネブライザーによる治療が受けられます。
点鼻薬は、眼科や内科でも処方してもらえますが、やはり専門の医者のほうが安心です。
点鼻薬には配合されているステロイドの強さによって、さまざまな種類があります。
よく効く点鼻薬ほど副作用も強いことから、どの点鼻薬を選ぶかには、専門知識や経験が欠かせません。

また、耳鼻科や耳鼻咽頭科には、吸入器やネブライザーなどの他の診療科にはない器具があるのもアドバンテージとなります。
花粉症患者の鼻腔内は、花粉の侵入や1日に何度も鼻をかむことにより、炎症を起こして赤く腫れ上がっています。
吸入器やネブライザーは、鎮静作用のある薬剤を霧状にして患部に噴霧して、腫れを沈静化させる治療器具です。
これらの治療器具は、内科や眼科にはほとんど設置されていません。

目の痒みが特にひどくて、鼻の悩みはそれほどでもない人は、眼科を受診するとよいでしょう。
眼科は、目の痒みを抑えるための目薬についての知識と経験が豊富だからです。
点鼻薬と同じように、花粉症治療用の目薬にもいろいろな種類があるため、適切な目薬を選ぶには、眼科医に診てもらうのが一番です。
ただし、眼科の医師は専門性が強い反面、他の診療科についての治療法に疎いことがあるため、眼科を受診するなら目だけが痒くて、鼻はほとんど問題がないときだけに留めるようにしましょう。

風邪などでよく利用するかかりつけの内科があれば、内科を受診してもよいでしょう。
内科でも、目薬や点鼻薬を処方してもらうことはできます。

その他の診療科、例えば皮膚科などでも花粉症の治療が可能なところもあります。
アトピー性皮膚炎などで、かかりつけの皮膚科があれば、花粉症の治療も一緒にしてもらえるので便利です。

花粉症の治療で、最初に病院を訪れたときに、花粉症であるかどうかを調べるために、血液検査を実施します。
血液検査の目的は、スギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサなどどの植物の花粉に対してアレルギーがあるかを特定するためです。
この検査はどの病院を受診しても行うことができます。
また、抗アレルギー薬などの内服薬の処方についても、どこの病院を受診しても大丈夫です。

花粉症の疑いがあればすぐに病院へ行く

花粉症の症状が軽いうちは、病院になかなか行かない人も珍しくありません。
風邪と同じような感覚で、しばらくすれば症状が収まるだろうと簡単に考えるためです。
しかし、花粉症の治療をしないでいるうちに、症状が次第に重くなることはあっても、症状が勝手に良くなることはありません。
症状が重くなるまで我慢して、限界に達してから病院に駆け込むより、早いうちから治療を開始したほうが合理的です。

早めに病院に行くメリットは他にもあります。
症状が出始めた初期段階で治療を開始すると、効果の弱い薬でも高い効き目を発揮します。
しかし、重症化してしまってからでは、効き目の強い薬でしか対処の仕様がなくなるためです。
効き目の強い薬は、それだけ副作用も強くなり、仕事中や車の運転中に強い眠気を感じたり、集中力がなくなるなどの影響が心配されます。

ドラッグストアで市販のアレルギー性鼻炎薬や点鼻薬などを購入する人もいますが、市販の医薬品の値段は高いので、病院で治療するよりかえって割高になることがあります。
病院で処方される医薬品には保険が適用されるため、市販の薬よりもずっと値段が安く、しかも効き目が強いためです。
市販の医薬品は全額が自己負担となりますが、病院で処方された薬は保険が適用されて、サラリーマンなら3割負担ですみます。
経済的な観点からも、早期に病院を受診したほうが良いのは明らかです。

2014年10月から、従来は自由診療となっていた新しい治療法にも保険が適用されるようになりました。
スギ花粉が飛散する前の時期から治療を開始するため、スギ花粉が飛び始めた後の1月から3月に病院を訪れても手遅れです。
そのため、9月から11月の間には病院を訪れて、治療を開始しておく必要があります。