四季の中で花粉症の季節といえば、多くの人が春をイメージすると思います。しかし、花粉が飛散している季節は春だけではありません。花粉症対策を春にだけするのではなく、他の季節の花粉にも注目して対策を行ってみましょう。

  • ホーム
  • 人間は何故花粉症になってしまう?

人間は何故花粉症になってしまう?

花粉症がおきるメカニズムは人の免疫反応に関係があります。
免疫反応というのは、体の害になるものが入ってきたときに、それを体の外に追い出そうとする人の体の仕組みのことです。
この免疫反応があるおかげで人はウィルスなどの病原体から守られたりしているといってもいいでしょう。
ただ、この免疫反応が過剰に出てしまう場合があります。
それが花粉症であったり、アレルギー反応であったりというようなものとなっていくわけです。

花粉症やアレルギー反応を起こすものとなる原因物質をアレルゲンといいますが、このアレルゲンが花粉による場合のアレルギー反応を花粉症といいます。
花粉症はアレルゲンがヒスタミン受容体と結合してアレルギー反応を起こさせます。
アレルギー反応にはいろいろなものがあるのですが、アレルギー誘発物質として花粉は特に多いケースですから、花粉症というように言われているわけです。

他にもアレルギー誘発物質として有名なものはハウスダストやダニ、ほこりといったようなものがあります。
ですが、数あるアレルゲンの中でも花粉は圧倒的に多く、患者数もあまりにも多いので、花粉ニュースなどがテレビなどで取り上げられるぐらいのものとなっています。
花粉そのものが、人体に悪影響を及ぼすものではないのですが、体が過剰に反応して花粉を体の外に追い出そうとしてしまっているのが花粉症のメカニズムです。
つまり、害にならないハズの花粉を体を害するものと間違って免疫機能が反応してしまっているだけなのです。
この過剰に反応していることで、目からは涙が止まらなくなり、くしゃみや鼻水は止まらなくなり、話をしたりすることも出来なくなるほどつらい症状が出ることもありますから、花粉症の悩みはとても辛いものがあります。

薬などでその症状を抑えたりすることも考えられていますが、深刻な症状になる人もいます。
花粉が飛び交う時期にはマスクをするなどの予防策をすることも大切ですが、目には見えない微粒子の話ですからなかなかこれを完全に防ぐことは難しいのです。

悪い生活習慣が花粉症に繋がることもある

悪い生活習慣になっていると花粉症に繋がることもあります。
というのは上記のように花粉症は免疫機能が過剰に反応していることでおきるわけですが、この免疫機能が正常に機能しなくなる要因として生活習慣が考えられるからです。
生活習慣が正常であれば免疫機能も正常に働きやすい状態ですが、生活習慣が乱れれば当然免疫機能の働きも正常ではなくなります。
すると、花粉症などの症状も出やすくなるわけです。

例えば睡眠不足のようなことになれば、自律神経の働きが正常ではなくなりますから、まず神経系から異常な状態になっていきます。
ストレスも睡眠不足同様に神経の働きが異常になりますから、アレルギー症状が出やすい状態になるといってもいいでしょう。
アレルギー性鼻炎などの症状は体の調子が良くない時に出やすい症状だともいえます。
免疫機能の過剰な反応は体の防御システムが過剰に反応している状態です。
つまり、体が危険だと誤作動している状態です。

ストレスなどが加わると体は緊急事態警報を出して、より体に大きな負担を加えることになりますから、これが余計にアレルギー症状を悪化させることもよくあります。
アレルギー性鼻炎と花粉症を併発しているようなことがよくあるのも、こうしたことにもよります。
薬では、アレルゲンがヒスタミン受容体と結合することを防ぐようなものが開発されているのですが、これは根本的な治療とはならないものです。
アレルギー症状があまりおきないようにするという意味では一時的な効果はありますが、根本治療を目指すのであれば予防をすることと、生活習慣を改善することを考えておくべきでしょう。
花粉症もアレルギー症状もある意味では現代病ともいえるかもしれません。