四季の中で花粉症の季節といえば、多くの人が春をイメージすると思います。しかし、花粉が飛散している季節は春だけではありません。花粉症対策を春にだけするのではなく、他の季節の花粉にも注目して対策を行ってみましょう。

  • ホーム
  • アレグラ以外の花粉症治療薬について

アレグラ以外の花粉症治療薬について

花粉症は花粉がアレルギーの原因となって引き起こされるアレルギー性疾患で鼻炎、目のかゆみ、皮膚のかゆみなどの症状が現れます。
その花粉症の治療薬として抗ヒスタミン薬という種類の薬が用いられます。

花粉症の症状は体内でヒスタミンという物質の働きが過剰になることによって現れますが、抗ヒスタミン薬はこの過剰になったヒスタミンの働きを抑制することによって花粉症の治療薬としての効果を発揮します。
この抗ヒスタミン薬に分類される薬の代表例としてジルテックやザイザル、クラリチンが挙げられます。

ジルテックは比較的古くからある抗ヒスタミン薬で、有効成分はセチリジンというものです。
ジルテックよりもさらに古くから存在した抗ヒスタミン薬と比較すると、眠気や口の渇きといった副作用が起こりにくいことが特徴です。
さらに、古くから存在する抗ヒスタミン薬では緑内障や下部尿路閉塞性疾患の方が使用するとそれらの症状が悪化することがありましたが、ジルテックはそういった病気の悪化が起こりにくくなっています。

しかし、そんなジルテックでも眠気の副作用が起こることは多かったため、それを改良した薬がザイザルという薬です。
ザイザルの有効成分はレボセチリジンというものです。
セチリジンはラセミ体となっているのですが、レボセチリジンはそのR体のみが存在するように手が加えられた薬です。
R体だけにすることによって、より効率的に抗アレルギー効果が発揮されるようになり、また脳内での抗ヒスタミン作用が抑制され、眠気の副作用が起こりにくくなっています。

そして、この中で最も眠気の副作用が抑えめなのがクラリチンという薬です。
クラリチンの有効成分はロラタジンというもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンとヒスタミンH1受容体の結合を阻止する働きをします。
ヒスタミンH1受容体だけに拮抗作用があるので、抗コリン作用が起こりません。
また、ゆっくりと長く効果が持続する特性を持ち、効き目が穏やかな分、眠気の副作用がほとんどありません。
眠気の副作用が起こりにくいクラリチンは花粉症予防薬として人気が高く、花粉飛散時期の前にまとめてクラリチンが買える通販サイトで購入するといったケースも少なくありません。

これらの薬に共通する特徴としては、1日に1回の服用で済むことが挙げられます。
多忙な方が1日に複数回薬を服用することはなかなか難しいため、ジルテックやザイザル、クラリチンのような1日1回服用タイプの薬を使用した場合には飲み忘れが起こりにくくなり、治療効果が発揮されやすいというメリットがあります。

花粉症治療薬はどんな基準で選ぶと良い?

花粉症治療薬の選ぶ上では人それぞれどういったことを重視して薬を選ぶのかを明確にして考えるといいでしょう。
まず、花粉症治療薬は従来から眠気が副作用として起こりやすいことが特徴となっています。
この眠気の副作用の起こりやすさは人それぞれの体質によって異なります。
もし今まで花粉症の治療薬を使用して眠気の副作用が激しく出てこまったことがある方は眠気が起こりにくいタイプの薬を選択するといいでしょう。

そして、日常生活が多忙で、なかなか薬を決められたタイミングで服用することが難しい方がいらっしゃいます。
こういった方には1日1回内服タイプの薬がおすすめです。
服用する回数が少なくなることによって、飲み忘れをする確率が少なくなり、治療効果が得られやすくなります。
また、薬を服用する方の服薬に対するストレスも軽減することができます。

一方、1日1回内服タイプの薬では、服用してから時間が経過すると効果が弱まって症状が出てきてしまうという方もいらっしゃいます。
こういった方には1日2回や1日3回内服タイプの薬がおすすめです。
1日に複数回内服するタイプの薬の方が薬の有効成分の血中濃度の変動域が狭くなり、24時間安定した効果が得られやすくなります。

その他、薬の購入の際に必要な費用が気になる方は、薬の値段も選択する上では重要なポイントとなります。
抗ヒスタミン薬はずいぶん古くから使用されている薬もあれば、ザイザルのように改良されて近年新たに発売された薬も存在します。
古い薬にはジェネリック医薬品も存在しているため、比較的安価に薬を入手することができます。
一方、ザイザルのように新しいタイプの薬の場合にはジェネリック医薬品が国内では発売されていないため、古い抗ヒスタミン薬よりも費用が割高となってしまいます。